このブログでは、あんまり自分の職業についての話はしてなかったんですが、去年(令和1年)の9月から行政書士をしてます。


今回今年の4月(令和2年)に、開業見込みの方や開業している行政書士さんを対象としたセミナーの告知と、内容に関連した行政書士開業後の業務選択や集客方法の、その考え方について書いてるんですが、開業検討中の方や受験生、行政書士に興味がある方にも参考となると思うので、読んでみて頂けたらと思います。


(行政書士として開業したが、まだ仕事に取り掛かれていない人が大勢います。そういった方をモデルケースとして書いてます)


「行政書士は食っていける資格なのかどうか」


って、受験生や現役行政書士のなかでもよく話題になります。ですが、もうこんな話題を出してる時点で最初からズレてるんです。


そもそも、本質として行政書士という資格は就職を有利にしたり、企業内で活躍するために取得する資格ではありません。独立開業型の資格です。そして他の士業よりもその業務範囲はとても広く、資格自体がなにかの専門性に特化しているわけではないので、同じ行政書士の名前で活動している人達も、やってる業務内容は個人個人それぞれです。


なので、どういう人がその資格を必要として受験→合格→開業すべきかというと、資格の性質上「なにかやりたいビジネスプランがあって、そのビジネスプランを実現するために行政書士の資格が必要になる人」が資格を得るために受験するのが本来の形ですよね。


元々ビジネスプランありきなので、考えるべきなのは「そのビジネスプランは成功する(食べていける)のか?」であって、ビジネスプランの実現の手段である資格に対して食べていける資格かどうか検討する事自体が、そもそも始点からズレてると言えます。


実際、開業したはいいけど、資格を使って何をするかは考えていなくて、行政書士会で開催されている研修を受けて勉強しているつもりでいながらも、実際にクライアントを相手に業務をこなせる程の知識を持つには至らず、研修を受ける以外の行動は何も起こせないまま名ばかり行政書士になってしまっている人が大勢います。


知人に頼まれた仕事に対して、「経験はないけど勉強したり先輩に聞きながら挑戦してみる。迷惑かけるかもしれないけどよろしくね。」といった逃げ道を用意しながらの仕事なら出来ないわけではないけど、見ず知らずの見込み客に対して営業をかけて仕事を得ようとした時に、そんな未経験の新人行政書士の経験値稼ぎのために依頼してくれるクライアントなんているはずもなく、それも当然わかっているからそもそも営業を挑戦する事も出来ない。


という状態のまま立ち止まってしまうわけです。


ではなぜ、研修を受けても、未経験の業務を自信を持ってこなせるだけの知識が身につかないのかってことなんですが、これは、しっかり勉強しても、本当にその業務の仕事の依頼が来るのか定かではないからなんです。


仮に、とある業務が翌月から定期的に紹介してもらえる事が確定した状況になったとします。そうなれば、自信を持って業務をこなせるレベルまで勉強が出来るんです。関連書籍を読んで、不明な部分を先輩行政書士に聞いたり、当事者のフリをして役所に問い合わせて学ぶといったような、勉強の行動力も持つ事が出来ます。なぜなら確実に翌月には仕事をこなさなければいけないし、クライアントの質問にもしっかり答えて信頼を得なければいけないからです。


学んだ知識を発揮出来る機会が確実に来るのであれば、しっかり学べるんです。


行政書士試験もそうです。年に1度、試験が行われる事が確実だから、合格基準に至るまで勉強する事が出来たはずです。しかし、試験がいつあるかわからない。1年後にあるかもしれないけど、数年間行われないかもしれない、もしかしたらずっとないかもしれない。なんて状況では合格出来るレベルに達するために努力なんて出来ません。


そして、行政書士で開業した人達はそのそれなりに難度の高い試験に合格出来た人達なんです。知識を発揮出来る機会が確実に訪れるなら、実用レベルまで知識を高められるんです。


が、そうはならないのはビジネスプランがないからです。


本来、ビジネスプラン上で行政書士という資格が必要な人が受験すべき資格ではあるんですが、もちろん開業後にそれを考えて実現する事は可能です。でもそれが出来ないのは業務選択をする時の検討の順番を間違えているから。


業務を選択する際、多くの人は、その業務の需要数や将来性をみて選択しようとします。


でも、その業務のクライアントとなり得る見込み客に対してアプローチ(営業)する手段がなければ、需要も将来性も何もありません。


そして、業務によって、見込み客への適切なアプローチ方法はそれぞれ違うんです。ホームページ集客、ダイレクトメール、新聞の折込チラシ、テレアポ、飛び込み営業、etc…その業務に相応しい営業方法を選ばなければいけません。


ですが、どんな業務をしようか悩んでる時に、営業方法まで考えが及ばないまま選択しようとする人がとても多いんです。


例えばAという需要も将来性も非常に高く、相応しい営業方法としては飛び込み営業くらいしかなさそうな業務があったとします。


このA業務に対して、飛び込み営業なんて絶対にしたくないタイプの人が、需要と将来性だけをみて取り組もうと考え、勉強をしてみようとする。


なんて事が頻繁に起こってるんです。そんなの確実に行き詰まりますよね。


それは、業務から先に選ぼうとするという検討の順番だから起こる間違いなんです。


先に検討すべきは営業方法です。


自分に出来そうな営業方法はなにか?→それに相応しい業務はなにか?→その業務に需要と将来性はあるか?


という順番で検討していけば、仮説として成立したビジネスモデルを持つ事が出来ます。


(仮説の段階でも)成立したビジネスモデルを持っていれば、

営業を開始すれば、見込み客から問い合わせが来だして、その問い合わせ1件あたりの獲得コストは○(円もしくは労力)くらいで、料金を○円に設定すれば、採算にのせるためには○%以上を受任しなければいけない。


といった仮説を構築する事が出来ます。(もちろんすべて仮説通りにいくわけではありませんが)


そして、自信の持てる仮説とテストマーケティングの結果を見て、採算がとれると確信を得てから、実際の業務の勉強を始める。


この過程を経た上で業務の勉強をすると、その知識は実務に耐えるレベルまで高めることか出来ると思います。


つまり、最初に検討すべきで、かつ勉強をすべきなのも、「営業方法」なんです。


【セミナー告知】
日時:2020年4月24日(金)18:15〜20:00
場所:京都府京都市下京区相之町141(4F)
阪急河原町から徒歩5分
定員:24名まで(締切次第、更新します)
参加費:1000円

内容
・行政書士業務に使える営業方法各種
・行政書士における代理店業務の可能性

参加対象:開業済行政書士、開業見込みの方(開業時期も確定している方)

今回は開業を検討されている方のご参加はご遠慮頂いております。

参加をご希望頂ける方は、下記メールアドレスに、氏名、事務所名、住んでる地域名をご記入の上、ご連絡下さいませ。


hayashi.office.2019@gmail.com


日程的に参加出来ないが興味があるという方も、是非ご連絡下さい。次回開催をご案内します。

この記事は、まだ開業後の戦略が定まっていない方を対象に、その原因と対処法の概要を書いていますが、ご興味を持って頂いたベテランの方もいらっしゃれば、是非ご参加頂ければ幸いです。


ちなみに、「行政書士の代理店業務」というのが、僕が行政書士の資格を取った理由であるビジネスモデルです。こちらも提携して頂ける行政書士を絶賛募集中ですので、ここに詳しい事は書けないんてすが、話聞かせてって方もご連絡頂ければ、個別にご連絡差し上げます。


林行政書士事務所 林健一
(登録番号:19272131)