新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船、「ダイヤモンド・プリンセス」に、災害派遣医療チーム(DMAT)の1人として船内に乗り込んだ神戸大病院感染症内科の岩田健太郎教授が、下船後、船内の状況をYouTubeで語り大きな話題を呼んでいます(現在は削除)

https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/202002/0013128594.shtml

これに対し、厚生労働省技術参与で沖縄県立中部病院医師の高山義浩氏が自身のFacebook上で岩田医師の告発に対する見解を公開。

それがこちら
https://www.facebook.com/100001305489071/posts/2703278763058947/?d=n


これが大きな論争を呼んでいます。





この高山先生のFacebook投稿を読んで、最初に気になったのは、高山先生は、この岩田先生という人が「信頼を得るまで口を出さない」事を実践できると本当に思ってたのかって事。

だってさ、絶対黙って見てられないっぽくない?この人。

もうさ、この人船内に入れたらどんな行動をとるか、光景が目に浮かぶじゃん!


そして、投稿によると、高山先生から電話をかけて、色々提案した上で岩田先生を船内に入れるきっかけを作ってるんだよね。

>厚労省で働いている某氏から電話がきて「入ってもいいよ」と、「やり方を考えましょう」ということでした。

これ、私ですね。ただし、「入ってもいいよ」とは言ってません。その権限はないので。ただ、「やり方を考えましょう」とは申し上げました。そして、環境感染学会が活動していたので、そこを通じてなら活動できるかもしれませんとアドバイスしました。でも、申し込むも(しばし放置されたのちに)断られたとのことでした。

>DMATのメンバーとして入ってはどうかというご提案を厚労省の方からいただいた

これ、私です。その通りです。

>DMATの職員の下で感染対策の専門家ではなく、DMATの一員としてDMATの仕事をただやるだけだったら入れてあげる

これ、私。ただし、「入れてあげる」とは言ってません。その権限はないので。ただ、「DMATとして入る以上は、DMATの活動をしっかりやってください。感染管理のことについて、最初から指摘するのはやめてください。信頼関係ができたら、そうしたアドバイスができるようになるでしょう」と申し上げました。

出典:高山義浩氏Facebook投稿より 


言った言わないの食い違いはありますが、岩田先生を船内に入れる事に対してはむしろ積極的だったように感じます。

そして、高山先生は、岩田先生の性格をよく知っていたのではないかと思える記載もあるんですよね。

岩田 健太郎先生の動画(コメント欄にリンク)を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。

岩田先生をご存じない方々には、ちょっと刺激が強すぎたのかもしれません。ただ、下船していく乗客の方々、現場で頑張っている方々を追い詰めかねない内容なので、事実は事実と認めつつも、動画のなかに登場する当事者として、勘違いされていること、抜けているところは修正させていただきたいと思います。

出典:高山義浩氏Facebook投稿より
 

そして、岩田先生のTwitterにも気になる点が、、




高山先生も本部を船外に出すように主張していたみたいですね。

そもそも、部分的には反論してはいるけども、岩田先生の見解自体は否定されているわけではありません。むしろ、目指すべき形は共通しているように見受けられます。

そして、岩田先生が乗り込む前から、高山先生も岩田先生が提言するような形を目指し、主張をしていた。でもそれは、岩田先生のように現場に直接指示するような形ではなく、様々な部署などに配慮をしながらの緩やかな調整的な主張であって、結果的に現場がその通りに動いているとは言えない状況だった。

って事じゃないかなと。


そして、岩田先生が乗り込んで、YouTubeをアップして、高山先生がFacebookに投稿して、で、今現在どうなってるかというと、

政府などこの現場に関連する組織の偉い人達がこぞって高山先生の見解を支持して、Facebook投稿を拡散。岩田先生は動画を削除に追い込まれたわけです。


つまり、高山先生は現場の人達だけでなく、現場関連の各組織の偉い人達にも絶大な信頼を得たと思われるんですよね。岩田先生という共通の敵を持つ事によって。

もうこれで高山先生の主張に耳を傾けない人や組織は存在しないでしょう。現場の味方、高山先生の言う事なんだから。






でも、ちょっと待って!そもそも岩田先生呼んだの高山先生なんだよ!





これさ、高山先生最初から計算してたんじゃないかな、、、、




岩田先生は高山先生に利用されて手のひらで踊らされていただけ、、、




なんて事だったら、、、



高山先生すげーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!




なんて、可能性もあるよねって話です。


「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーション入門~ (光文社新書)