自民党の杉田水脈衆院議員が「新潮45」に寄稿した文章、「『LGBT』支援の度が過ぎる」への批判が広がっています。

「LGBTは生産性がない」自民・杉田水脈議員の寄稿文に、当事者団体が抗議


さて、杉田水脈議員が差別発言をこれでもかと言うほど盛り込みながら主張したのは、結局のところ、税金の再配分における優先順位の事です。


支援を必要としている人達はLGBTの他にも大勢居います。障害者、被災者、犯罪被害者、母子家庭、虐待を受ける子供達、困窮する高齢者、etc...etc...


ここでは到底挙げきれないほど、たくさんの人達が支援を必要としています。その全員を十分に支援できる程の財源があるのなら話は簡単です。みんなに十分な支援をすれば済む話です。


しかし、皆様もご存知のとおり、全然足りていません。税収は減っていく一方、社会保障費は増大の一途を辿っています。


とても残念で悲しいことですが、支援を必要とする人達の間で、優先順位を決めなければならないのです。


そして、必ずしも、より深刻に支援を必要とする人達から順に税金を投入され支援されるというわけではないことも現実です。その優先順位を決める政治家は、自分達が失業しないように、選挙でよりたくさんの票を得られる事が見込める所に税金を優先的に投入する傾向があるからです。



そんな税金の投入を巡る支援市場の中で(不適切ですかね。。すいません)、LGBTの人達は税金獲得力において強者とは言えません。やはり圧倒的な票田である高齢者は強いです。政治家たちは高齢者を無視することは絶対に出来ません。また、子供達も比較的強者と言えるでしょう。支援を必要とする子供達を救うというのは、やはり納税者からしても納得を得やすいと言えるでしょうし、被災者や犯罪被害者も、予期せぬ惨事に不運にも見舞われたということで、人々の同情を得やすいと言えます。また、強い政治力を持つ衰退産業の方々も侮れません。



そんな中、LGBTの方々は、政治家から見て票田としての魅力は全くありません。性的マイノリティというぐらいですから、少数派中の少数派です。



政治力もありません。LGBTである事を隠している方も大勢いらっしゃるでしょうし、連帯して強い政治力を持つ事も難しいでしょう。



そして、税金を投入する優先順位という観点から見ると、杉田水脈議員が「生産性」と表現された、少子化対策のためにお金を使うという大義名分も、確かにありません。



そうなんです。杉田水脈議員は「度が過ぎる」と言われましたが、それほどの税金がLGBT支援に投入されるような理由はどこにもなかったんです。



そう。なかったんです。これまでは。



しかし、杉田水脈議員が「新潮45」に寄稿することによって状況は一変しました。


政治家達は、LGBTへの支援に肯定的な発言を競うように始めました。その多くはSNSなどで発言され、言質として残っていきます。


こんな空気の中で、LGBTの支援に反対できる政治家はいるんでしょうか。今回の差別的な発言と、税金を投入することへの優先順位への議論は別物のはずなのに、、、です。



そして、その優先順位を論じようとしても、少子化対策のためにお金を使うという大義名分がないという意見を言う人は、考えうる限り最悪の言葉によってレッテル貼りをされるでしょう。



そう、「生産性」です。なんて無機質で人間をまるで機械のように表現する冷たい言葉なんでしょうか。



本来、支援をすべき人達に優先順位をどうしてもつけなければならない状況下では、この意見自体には理のない事ではなかったのです。



しかし、もう誰もこの意見を口に出来ません。それは「LGBTには生産性がない」という意見に、杉田水脈議員と同じ意見になってしまうんですから。



・・・。

・・・。

・・・。




えっ、杉田さん狙ってやってる?




そう思いはじめると、そうとしか思えなくなってきました。


これはインタビューなんかでポロっと言ってしまった不適切発言や、SNSで酔っ払って投稿ボタンをおしてしまった文章ではないんです。


新潮45に寄稿する文章なんです。本人も何度かはチェックするでしょうし、新潮45サイドも、内容を確認もせずに載せたりはしないでしょう。



これはもう、意図的と解釈する方が自然です。



杉田水脈議員の政治生命は終わるでしょう。まあ、さすがに終わるでしょう。




LGBT支援に政治生命をかけて挑んだ魂の政治、杉田水脈先生、あっぱれです。