自民党の杉田水脈衆院議員が「新潮45」に寄稿した文章、「『LGBT』支援の度が過ぎる」への批判が広がっています。

「LGBTは生産性がない」自民・杉田水脈議員の寄稿文に、当事者団体が抗議


さて、杉田水脈議員が差別発言をこれでもかと言うほど盛り込みながら主張したのは、結局のところ、税金の再配分における優先順位の事です。


支援を必要としている人達はLGBTの他にも大勢居います。障害者、被災者、犯罪被害者、母子家庭、虐待を受ける子供達、困窮する高齢者、etc...etc...


ここでは到底挙げきれないほど、たくさんの人達が支援を必要としています。その全員を十分に支援できる程の財源があるのなら話は簡単です。みんなに十分な支援をすれば済む話です。


しかし、皆様もご存知のとおり、全然足りていません。税収は減っていく一方、社会保障費は増大の一途を辿っています。


とても残念で悲しいことですが、支援を必要とする人達の間で、優先順位を決めなければならないのです。


そして、必ずしも、より深刻に支援を必要とする人達から順に税金を投入され支援されるというわけではないことも現実です。その優先順位を決める政治家は、自分達が失業しないように、選挙でよりたくさんの票を得られる事が見込める所に税金を優先的に投入する傾向があるからです。



そんな税金の投入を巡る支援市場の中で(不適切ですかね。。すいません)、LGBTの人達は税金獲得力において強者とは言えません。やはり圧倒的な票田である高齢者は強いです。政治家たちは高齢者を無視することは絶対に出来ません。また、子供達も比較的強者と言えるでしょう。支援を必要とする子供達を救うというのは、やはり納税者からしても納得を得やすいと言えるでしょうし、被災者や犯罪被害者も、予期せぬ惨事に不運にも見舞われたということで、人々の同情を得やすいと言えます。また、強い政治力を持つ衰退産業の方々も侮れません。



そんな中、LGBTの方々は、政治家から見て票田としての魅力は全くありません。性的マイノリティというぐらいですから、少数派中の少数派です。



政治力もありません。LGBTである事を隠している方も大勢いらっしゃるでしょうし、連帯して強い政治力を持つ事も難しいでしょう。



そして、税金を投入する優先順位という観点から見ると、杉田水脈議員が「生産性」と表現された、少子化対策のためにお金を使うという大義名分も、確かにありません。



そうなんです。杉田水脈議員は「度が過ぎる」と言われましたが、それほどの税金がLGBT支援に投入されるような理由はどこにもなかったんです。



そう。なかったんです。これまでは。



しかし、杉田水脈議員が「新潮45」に寄稿することによって状況は一変しました。


政治家達は、LGBTへの支援に肯定的な発言を競うように始めました。その多くはSNSなどで発言され、言質として残っていきます。


こんな空気の中で、LGBTの支援に反対できる政治家はいるんでしょうか。今回の差別的な発言と、税金を投入することへの優先順位への議論は別物のはずなのに、、、です。



そして、その優先順位を論じようとしても、少子化対策のためにお金を使うという大義名分がないという意見を言う人は、考えうる限り最悪の言葉によってレッテル貼りをされるでしょう。



そう、「生産性」です。なんて無機質で人間をまるで機械のように表現する冷たい言葉なんでしょうか。



本来、支援をすべき人達に優先順位をどうしてもつけなければならない状況下では、この意見自体には理のない事ではなかったのです。



しかし、もう誰もこの意見を口に出来ません。それは「LGBTには生産性がない」という意見に、杉田水脈議員と同じ意見になってしまうんですから。



・・・。

・・・。

・・・。




えっ、杉田さん狙ってやってる?




そう思いはじめると、そうとしか思えなくなってきました。


これはインタビューなんかでポロっと言ってしまった不適切発言や、SNSで酔っ払って投稿ボタンをおしてしまった文章ではないんです。


新潮45に寄稿する文章なんです。本人も何度かはチェックするでしょうし、新潮45サイドも、内容を確認もせずに載せたりはしないでしょう。



これはもう、意図的と解釈する方が自然です。



杉田水脈議員の政治生命は終わるでしょう。まあ、さすがに終わるでしょう。




LGBT支援に政治生命をかけて挑んだ魂の政治、杉田水脈先生、あっぱれです。



もちろんあってはならないことだけど、それでも意図的な反則で相手に怪我を負わせようとするならば、もっとも重要なのは如何に偶然に見える状況で行うかという事。

それは明らかに失敗している。失敗したのなら、次の段階で重要なことは、意図的に指示を出していた事を如何に隠蔽するか。すぐさま選手を引き下げ、例えポーズでも激怒している所を周囲に見せる事だろう。

ところが実際は選手は引き下げられることなくプレーを続け、すぐさま反則を繰り返し、最後は相手選手に無意味に掴みかかる(これでは怪我は負わせられない)という、ただ単に悪質なプレーをしていますよと全力でアピールするかのような行為に出て退場させられている。

さらに、退場後、ベンチに戻った選手を労っているかのような光景を、一番隠さなければいけないはずの光景を全く隠す気がないかのように晒して見せ、その後、ベンチ裏のテントに入った反則選手が急に大声で泣き出したところを、偶然にも、、、ほんとにすごい偶然ながら記者が居合わせ、しかも本当にうまい具合に隙間が開いていて、その泣いている背中を撮影されている。

反則の日大選手、声を上げて泣いた 記者が見たあの試合(朝日新聞デジタル)

そして、監督の記者会見とは対照的に、完璧なまでの危機管理能力を感じさせる選手の記者会見。あれほどの反則をした選手なのに、世論は彼にものすごく同情的。アメフトを続けさせてあげたいとの声ばかりになってる。

蛇足だが、彼を危機管理学部の講師に招聘すればどうだろう。これほど見事に世論をひっくり返した記者会見は他にあっただろうか…。

とまあ、すべてが謎で、すべての辻褄が完璧なまでに1つも合っていない。

これ、なんなんだろう、、、とんでもない裏の事情があるのか、もしくはとんでもなく頭の悪い人が奇跡的な確率で集結し、一切の思考をかなぐり捨てて行動しているのか…わからん…謎すぎる…。

TOKIOのリーダー城島茂さんがテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」に出演し、山口メンバーの記者会見について、TOKIOに戻りたいと言った山口メンバーに「ありえない」「裏切り」と怒りを滲ませながら発言されました。

また、「メンバー4人の名前を呼んでいましたけど、それをテレビを通して言うことではない。こういうふうになる前に、他のメンバー4人に対して「申し訳ございません」というのが筋じゃないかと思う」

「目の前で何も言わず、謝罪会見でその気持ちを吐露する。裏切りですよね」

「グループのリーダーとしてもありえないと思うし、30年連れ添った仲としてもありえない。一番筋を通す男だと思っていたのに」

「被害者の方、そのご家族の方に謝罪の念があれば「戻ってきたい」とかそういうことは言えないと思う」

等々、それぞれの発言が、心底怒っているように見えました。

未成年への性犯罪でのスキャンダルは、極楽とんぼの山本圭壱さんが連想されますが、相方の加藤浩次さんは、被害者や関係者、そして世間に自らの事のように謝罪しながらも、相方の復帰をずっと懇願されていました。TOKIOのメンバーも、特にグループへの責任感の強そうに思える城島さんなら、同じような対応をされるのでは、、、と思っていたのですが、意外にも突き放しての断罪口調。これには驚かれた方も多いのではないでしょうか。

しかし、考えてみれば前述の山本圭壱さんは、加藤浩次さんの懇願がありながらも吉本復帰に10年。しかも復帰とは言え、まだ世間は彼を許していないように思えます。

今回、加藤浩次さんとは違い、世間の反応よりも強くTOKIOのリーダーである城島さんが突き放して怒り、復帰を拒絶する事によって、山口メンバーへの世間の視線が同情寄りに傾くということも考えられますね。

また、世間が許す、許さないと言っても、明確な基準はもちろんありません。見えない薄ぼんやりとした世間に対して謝罪し続けるというのは、とんでもなく長く遠い道のように思えます。

しかし、今回のようにTOKIOのメンバーが、世間の反応よりもずっと強く怒り、突き放し復帰を拒絶していれば、許しを請う対象が、ぼんやりとした世間ではなく、メンバーに対して許しを請い、受け入れてもらうよう努力する、という形に今後なっていくんではないでしょうか。

そして復帰の時は、TOKIOメンバーが、謹慎中の態度を見て等々の理由で、山口メンバーの復帰を認める、受け入れるという形をとれば、あれほど怒っていたメンバーが許すのならと、世間ももう許したのではないかという空気感も演出することは可能だろうと思います。

涙ながらに復帰を懇願しても、世間は受け入れないんです。いや、というか受け入れたかどうかの基準がないというべきですね。

しかし、自分達TOKIOメンバー自身が、受け入れるかどうか、許すかどうかの基準となれれば、一定期間をおいて、山口メンバーへ手を差し伸べることが出来ます。

城島さん、そこまで考えてやってることだと思うんです。

この方のメンバーへの深い愛情には本当に心を打たれますね。

そして、この緻密に考え抜かれたリスクマネジメントは、今後、モデルケースとして活かされていくでしょうね。

↑このページのトップヘ